映画、世界侵略ロサンゼルス決戦の予告に流れる音楽がとても気になったので、サントラをDLしてみたら、サントラには収録されていませんでした・・・・

ググッテみると、予告用の曲のようでして、Jóhann JóhannssonのIBM 1401 A User’s Manualと言うアルバムのPart 5/ The Sun’s Gone Dim And The Sky’s Turned Blackと言う曲でした。

このアルバムの奇妙なタイトルは、アイスランドで1964年に発売された、同国最古のコンピューター「IBM 1401 Data Processing System」から来ているらしい。1401のメモリから電磁気が漏れていて、そこにAMラジオを近づけると、チェロのような音がするのに気づき、アマチュアのミュージシャンでもあったGunnarsson氏がプログラミングをし直した結果、1401はメロディを奏でるようになった。
最近になってその収録テープが発見され、出来上がったのがこのアルバムとのこと。

内容は、クラシックっぽい曲や、1401のプリンタのマニュアルを朗読し、バックから曲が付いてくるものや、ユニークな構成。
なかなか落ち着いたお気に入りのアルバムとなりました。肝心の世界侵略ロサンゼルス決戦は、週末あたりに見てこようと思う。

music