成人の日連休を利用して、Win機のCPUとマザーボードを交換してみた。CPUはi7-4770マザーはオーバークロックはやらないので手頃なところでasusH87-PRO。

交換終えて、win8の入ったSSDを入れてみると、やはり認証が切れている。認証画面で表示されるマイクロソフトに電話し、再認証してもらう。
RAIDはWin8OS上から組んでいたのでボード(チップ)とCPUが変わっても何もせずに今まで通り記憶域として使用することが出来る。これは便利だ。

ここまではすんなり行ったのだが、ここからが地獄の始まり。ど~もOSが立ち上がっていると、PCの電源が不定期に落ちる。これではPCが使い物にならないので、検証開始。落ちる原因としては、CPUファンがちゃんと装着されずに熱暴走。メモリが壊れている又は相性が合わない等の原因かと思い、BIOS上ではCPU温度は30℃くらいと許容範囲だし、メモリはBIOSとOS共に認識されている。ん~わからん。

一応、システム温度表示ソフトを入れて計測してみる。すると目玉飛び出ました。マザーボードの温度が115℃って@@°Fの間違いじゃないの??と目を疑いましたが、℃なんです。マザボの温度って何処を差すのやら?これが原因で落ちるのかと思い、一応、CPUファンの付け直し、グラボ等外して最小限の構成で再起動。残念ながら症状変わらず、不定期に落ちる。BIOS表示時は落ちないのでハード部分に落ち度が無いとしたらOSかとWin8入れ直しまでやっても改善せず。

もしやマザボの初期不良?まで疑いながらも一応メモリを4G4枚差してあるうちの一組を抜いてみる。起動ししばらく様子を見ると落ちない。結局最初に疑わなければならないメモリから行けば・・・

BIOSで認識していてもメモリ疑いは基本です。

システム温度表示ソフトですが、マザボ温度100度超えってのは未だ変わらず、100℃超えている部分があれば自動でシャットダウンするだろうし、焦げ臭さくも無く、熱源と疑われる部分を触っても熱くも無く、この手のソフトは当てにならんってことでこのまま放置です。

連休丸2日潰れたのは言うまでもありませんってオチでした。

temp1

 

mac-win