3年前ぐらいに購入したmouse computerノートが最近やたらと起動が遅い。リカバリーした所で結局Win7のアップデートとか繰り返しプログラムが入ってくると起動は遅くなる。と言うわけでHDDをSSDに入れ替えることにしました。ついでに手順とつまずいた所を書いてみようと思います。

今回SSDを入れるのは、マウスコンピューターのノートパソコン、C116Kと言う型です。

**用意するもの**
SSDと出来れば外付けDVDドライブと精密ドライバー

まず、バッテリーを外し、その上のHDDやメモリを覆っているカバーを外します。
カバーは、ネジ1本で固定してあり、ネジを外したら、➡方向にずらすと外れます。

P1000405

P1000406

P1000407

カバーが外れると、HDDが出てきます。

HDDの取り外し

HDDを固定している金具は、ネジ3か所で止めてあるので、このネジを外します。

P1000409

P1000410

固定金具を外したら、今度はHDDを上から押さえて、下方向にずらすとHDDが抜けてきます。

P1000411

P1000412

WDの2.5インチ青印のHDDが入っていました。外したやつは、後々2.5インチカバーでも買って、ポータブルHDDにでも使おうと思います。

SSDに入れ替えます。

P1000413

今回使用したSSDはSamsungの840evo 120GB、SSDも120GBで9,000円を割る値段になってきましたね。

HDDを外した時の逆順でSSDを装着します。
SSDがきちんと装着されれば、固定金具の穴位置と必ず合うはずです。

P1000414

P1000415

固定金具をねじ止めしたら、カバーとバッテリーを元に戻します。

 

OSのインストール

一番嫌な作業OSのインストールです。この機種には、DVDドライブが付いていないので、OSをインストールするには、
USBメモリにWin7をISOイメージで書き込みインストールする方法もあるのだが、なんか面倒そうなので外付けドライブを購入。
外付けドライブも今は3千円を切る。BUFFALO USB2.0用 ポータブルDVDドライブDVSM-PC58U2V/Nってやつで、
このドライブはMacにも使えるし、ライティングソフトCyberLink Power2Go 7が付いて来ます。

ドライブには、USBコードが2本付いていて、1本でバスパワーが足りない時は、もう1本も空いているUSBに繋げばパワーアップすると言う優れものです。
OSのリカバリーなので最初から2本のUSBを繋いでいます。

P1000416

ノートのほうのACアダプタも忘れずに入れましょう。

ノートのスイッチを入れると、DVDドライブのほうにも電源供給され。ドライブのポッチを押すとスロットが開きます。
付属してきたリカバリーディスクをスロットに入れ、格納します。ノートはブート待ちの状態なのでEnterキーを押すと、リカバリーディスクのほうから立ち上ります。

P1000417

P1000418

あとはこのままインストールかと思いきや、思わぬ出来事が起こりました^^;
DVDドライブのドライバが無いと出ます。ドライバが無いって言われてもねぇ。。。。ここまで動いているのに?
CDドライブDって出るけど???さてどうするか?ちょっとググってみると、BIOSのBOOTメニューからシステム起動の優先順位をUSBストレージを優先に持ってくると良いとか、インストール中止してBOOTメニュー見てみるかと思いましたが、ダメ元適当にドライバ選択画面でCD内を探させたらWin7の32bitを入れるか64bitを入れるかの画面が出てきた。何だったんだ?このまま64bitを選択して続行です。

P1000419

P1000421

P1000423

120GBにパーテーション切っても仕方がないのでそのままインストールしました。

P1000424

ここまで来たらすんなり行くだろうと他の作業をしていると、なかなかインストールが終わらない。画面を見てみると、
Windowsファイルの展開中4%で止まったままになっている@@

P1000426
なんかDVDドライブのアクセスランプも消えているしディスクが回っている音もしません。うわ~こりゃ困った。もしかしてメモリが逝ったかとか色々頭をよぎりましたが、どうにも進まないので、やってはいけないのでしょうが、ドライブからリカバリーディスクを外してみた。すると、DVDメディアが入っていないから入れろみたいなメッセージが出たので、リカバリーディスクをドライブに入れると、インストールを再開してくれました。助かった~~と言うより何だったんだ??

その後は、無事Win7のインストール終了しました。一応メーカー製ノートなのでリカバリー後のWin7の認証はありません。

P1000427

ノートに付属していたもう1枚のサプリメントディスクからWin7のドライバを入れてSSD化は終了です。

P1000428

さて、立ち上げてアプリを使うまでに5分以上かかっていた起動ですが、計ってみるとなんと45秒ほどでOSが立ち上がり、excell起動させるまで1分くらい。なんかSSDとDVDドライブ代約12,000円くらいで、新品のPCを手に入れた気分です。

総括すると、SSD自体の交換は簡単ですが、今回のケースでつまずいたのは、OSのインストール時のDVDドライブのドライバと、ファイル展開時のフリーズでした。これが無ければかなりすんなり行くと思います。

問題はバッテリーだな。マウスのバッテリーは評判が悪く、そのうえCPUがi3なので、当初から持ちが悪く怪しかったが、SSD入れたから少しはもつようにはなったかな??バッテリーの持ちを考えれば、別にCeleronでもPentiumでも良かったかなと思う。しかし、3年前はSSDもまだ高かったのよ。

 

mac-win