新型ロードスターがそろそろ発売のようです。

ベーシックモデルで、249万円ってことは、なんだかんだで乗り上げ300万円ってとこ?

昔、ロードスターの初期型に乗っていました。当時はエアコンすら付いていないモデルで、一番安いモデルで車体価格が180万円したっけかな?

1600ccのエンジンをショートストロークのマニュアルで小さいボディーを操る。そのエンジンパワーに対して軽量とは言えない車体。ワインディングの坂道なんて、車速が乗っていないと、アクセルベタ踏みでも登っていかなかった。

だけど、なんか楽しい車だった。ホロを開放すれば風を感じることもできたし(ただし70kmまで・・それ以上は苦痛^^;)エギゾースト音もなかなかだ。なにしろ壊れない。

若者の車バイク離れ、興味が無いとか良く耳にするが、ちと、若い人に車・バイクに興味が無いのか聞いてみたことがある。
すると、興味が無い訳では無く、元から買えないと思い、諦めから興味が無くなるらしい。

ごもっともな話、私の若い頃と、今とでほとんど給与水準が変わっていない、給与が上がっていても社会保険料とかその他引かれる分が多いから手取りは逆に下がっているのかもしれない。そこに、安全基準が厳しくなり、その他無駄な便利装備満載の乗上げ300万オーバーの車となれば、背伸びして買うどころの話では無い。10年落ちの中古車を買ったとしても、レストア代にお金が飛ぶ。

今や、ロードスターやハチロクが、私らの若いころの手の届かない車。ランチャのインテグラーレとか、ルノー5ターボとか、ケータハム7の様な感じなのかもしれない。

この若者の車バイク離れをメーカー側が食い止めるには、極力無駄な装備を外し、スポーティーな車を乗り上げ180万円台で出すしか無いと思う。ロードスターの初期型の様な車を作ったらどうか?なんて思うが、ダメかねぇ?軽自動車が180万円の時代だからね。

ロードスターやハチロクが、50過ぎのオッサンの趣味車だなんて残念な時代だ。今考えれば、180万円ちょっと背伸びでこんな楽しい車を新車で手にすることが出来た良い時代を過ごすことが出来ただけでも感謝だ。

 

car-bike