友人のお店がブログで写真と実名まで晒されあらぬことを書かれた。私には友人の店は何の落ち度も無いと思えるし、誰が見てもただの私念としか思えない書きようだった。

自分の思っていることを自由に書けるのがブログです。実際私もそうしていますし、でも、そこには越えてはいけない一線がやはりあると思うのです。

店の写真と実名を掲載し見苦しい文章と汚い言葉で一方的に罵倒し攻撃する。とにかく人に不快感を与える何者でも無い。ネット上だと自分は違う何かに変身し、ネットを隠れ蓑に書きたい放題書き欲求を満たすのでしょうが、個人で事業をしている人を、私念で晒すということは、書かれた人にとっては死活問題だと思う。友人は顔では笑ってはいるが、本当は深く傷つき、憤りを感じるよりもセツナイのだと思う。

しかし、ネット上でそれも自分のブログで人のことを晒すと言う事は、本人は軽い気持ちで書いたにせよそれなりの覚悟が無くてはならないと思う。人によって感じ方は様々だし、ブログの内容にも因るが自分の私生活も書いてしまっているからだ、地元の人間が見ればその人がどの辺に住んでいるとか行動パターンが当然のことながらわかってしまう。火の粉は自分にふりかかって来ることになる。どんな弁解をしようが記事を削除しようが人を晒して傷つけたと言う事実は消えない。

今回のことは、私にとっても教訓になった。「晒すなりの覚悟をもって晒さなければならない」

etc