大地震から2日が経ちました。山形県内の停電も復旧したらしく、信号も点いたので、スーパーに買い出しに行きました。行く途中、凄い渋滞で、何かなぁ?と思ったら、ガソリンスタンド待ちの渋滞でした。スーパーに行ってみると、肉、魚、カップ麺、乾電池は全く無く、なんか大きな災害だったんだなぁとしみじみ思い、怖くなりました。思わず、要らない食品を買ってた><

多分ガソリンの供給が無くなるような気がするので、無駄なガソリンは使わないようにしないとなぁ。歩いて行ける所には歩いて、少し遠かったら、自転車でって感じで、カソリンは節約せねば、

携帯電話の地震警報は、1日に未だに何回か鳴ります。なんか一生分の地震警報を聴いたような気がします。余震も未だにけっこう来ます。なんか自分だけいつも揺れているような錯覚がします。

今更ながら、災害に対する考えの甘さを身にしみて感じました。

乾電池や、ロウソクは多めに用意しておいたほうが良く、うちには水を入れるポリタンクさえも無かった、あと、お風呂に入ったら、お湯を捨てないで、次の日までそのままにしておいたほうが、いざと言う時に、生活用水にはなると思います。今回の地震を教訓に、防災に対する考えを変えて行こうと思います。

あと、スマホは通話や携帯メールがダメでも、ネットに繋がったり、普通のpopメールが使えるのはとても強みだと思いました。でも、私のは、ワンセグが見れなかったり、バッテリーの減りが激しいので、その辺は次の機種選びには考えどころだと思う。

通信会社では、それぞれの会社の携帯を持っている人たちの意見を聞くと、docomoが一番安定しているような気がしました。その次がソフトバンク、auの順かなぁ?(これは地域差があると思います)

写真は、停電の夜。山形市の繁華街のほうですが、車のライトと、非常灯が点くマンションの明かり以外何無く真っ暗でした。(星が凄く奇麗でした。。。)

etc